granny_01

いろんな記事で話題になっている写真です。
 
え?何の話って?
 
スペインの教会に描かれていたキリストの絵が80歳を超える老婦人の修復によって、とんでもないモノに変貌したというあの話です。

ことの始まり、スペインのとある教会の柱に描かれていたキリストのフレスコ画がかなり傷んでいたので、とある信心深い老夫婦が修復を申し出た。
そしておよそ1年がかりで修復したら・・・といういきさつみたいです。
それではご覧いただきましょう。 

おすすめ記事

granny_02
相当傷みがありますね。その絵画がこんな風に

granny_03
ああ、ここまで原形を留めていないなんて…

当局は現在、女性に対する法的措置を検討しているそう。
そんなに歴史的価値があるものでも無いらしいのですが、どうなるんでしょうか。
善意とはいえ、素人が簡単に手を出していいモノでは無いという教訓だけを残してくださいました。

[追記:2012年08月27日]
「世界最悪」の修復キリスト画が大人気、訪問者が急増
こんなニュースがありました。捨てる神あれば拾う神あり。まさに怪我の功名ですね。
失敗したと思ってたら、意外な結果になったりするもんですw
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...